ブログトップ

cogito, ergo sum

futoq.exblog.jp

我思う、ゆえに我あり

距離

いろんな移動手段、特に車をよく使うと、自分の距離感覚がおかしくなる。
歩ける距離なのに(時間短縮の意味もあるが)車で行ってしまう。

運動不足になるし、エコじゃないし、金は掛かる。
ウチの近所の人だと、ゴミステーションまでの50mに車を使う人も多い。





距離感覚をリセットするために、ときどき、歩く。
タクシー代をケチったり、酔った勢いだったり、考え事のついでだったりもするけど。
ビューンと走るのはたやすいけど、「この距離は、このくらい」という自分の尺度を無くしたくない。

MPV(普通車)、KSR(二種原付二輪)、K-4(原付四輪)、自転車、徒歩。
それぞれでの移動距離(範囲)はそれぞれの特性に拠る。
車なら数百km、KSRなら数十km、K-4と自転車は20km、徒歩は数kmくらいか。
いつもMPVでは面白くない。
楽を考えるならK-4になんて乗れないし。

昨日の午後、ディーラーからMPVの修理が無事完了したと電話があって、
車を取りに行くことになった。
ディーラーまでは約7km。
普通に考えると、
1.車で15分(今回は不可)
2.駅まで徒歩10分、地下鉄で二駅、徒歩10分程度。
3.徒歩で1時間半程。

2にしようか3にしようかと駅までの道を歩いているとパラパラと雹が降り始めた。
体は濡れることはないんだが、寒いし、いつ雨に変わるかもわからない。
夕食の買い物にも行かないといけないから、今日は、2。
合計20分程は歩くんだし、良しとしよう。
などと考えていると、数メートル先に、コロッと財布が落ちている。
チャラい系の持ってるタイプの。
反射的に拾って、交番へ向かう。
交番は駅の向こう、100m程のところ。
警官に財布を渡して交番を出たところで考えた。
「100m、戻る?」

普通なら、100mを戻って地下鉄に乗るはず。
ただ、なぜかその時には「え〜い、このまま行っちゃえ!」と思ったのだ。

それからは、ただ、ひたすら、歩く。
普段は車でしか通らない道を、歩く。
道端のゴミや、草を見ながら。

お陰で少し股関節が痛い。


MPVはキレイに洗車してもらって、きちんと直ってました。
心配していたエンジンコンピューターの故障には至っておらず。
修理代7万円は痛かったけど、経年劣化みたいだし、仕方ないか。


しばらくはちょっとした距離なら歩くだろうが、段々、歩かなくなるだろう。
時間や荷物や寒さを口実に。
でも、何で移動していても、「この距離は歩けばこの程度のしんどさ」ってことを
気にしているかいないかではチョット違わない?


[PR]
by futoq | 2010-01-08 07:58 | いろいろ