ブログトップ

cogito, ergo sum

futoq.exblog.jp

我思う、ゆえに我あり

昨日は、映画を見てきましたよ。

「カールじいさんの空飛ぶ家」3D吹き替え版。





3D版は料金がちょっと(200円)高いし割り引きサービスが全く効かないけど、
最新技術で臨場感のある画像なら、と思ったから。



…失敗した。
3D版じゃないほうが良かったと思う。

画像がざらついて、ピントを合わせ難い。
2D版で滑らかな動きを見る方が良い。

とにかく『これでもかぁ〜!』とばかりに3Dを多用してるので
なんでもかんでも前に飛び出してきて不自然。


内容はまぁまぁかな。
宮崎アニメのごった煮って感じ。
カールじいさんの奥様が美人じゃないけどやたらと可愛い。

宮崎駿が『奥さんとの思い出の回想シーンがとても良い。それで十分。』と言ってたそうだが、同感。
(本編が始まる前に上映された短編、「晴れ ときどき くもり」は凄く良いよ。)

カールじいさん、ストーリー的には70点か。

奥さんとの回想シーンにはちょっと目から汁が出た。
3Dメガネをかけてるし暗いから誰にもわからんが。

近くの席で大声で喋るガキには辟易した。
赤ちゃんや幼児ならともかく、公共の場で黙らせることができんガキは外に出しちゃいかん。
自分の知ってる登場人物の解説は家でやってくれ。
お前がストーリーを知ってても俺に教える必要は無かろう?
暗いから、そっと近づいて〆てやろうかとも思ったが、
大人なのでガマンした。


最近、ちょっとしたことで目から水が出る。
年のせいか?

だから↓こんなのは夜中にコッソリ見ないと、カミサンや遊理に笑われる。
http://blog.livedoor.jp/news23vip/archives/1993895.html
[PR]
by futoq | 2010-01-06 09:23 | いろいろ